【購入】Sony Cyber-shot DSC-QX10 White


10月25日に発売となったDSC-QX10のホワイトを購入した。

QX10は、ソニーのデジタルスチルカメラCyber-shotに属し、中でもレンズスタイルカメラに分類される製品で、レンズスタイルの名の通り、カメラのレンズ部分だけのような筐体をしているのが特徴だ。

qx10_01_09_min

それでは、簡単ではあるが開封レビューを行う。

まず化粧箱であるが、円柱の形をしており、まるでお菓子でも入っているような印象を受けた。

qx10_01_01_min

この円柱状の化粧箱に入っているのは本体とバッテリ、アタッチメント、ストラップ、microUSBケーブル、説明書等の冊子である。

qx10_01_02_min

アタッチメントは上下の指定があるので、装着する際は注意が必要だ。
(筆者は初め、上下逆に付けてしまい、取り外すのに苦労した。)

つづいて、本体外観を確認する。

本体上部には電源ボタンがある。また、NFC搭載スマートフォンを、同じく上部にあるNFCロゴにかざすことで簡単に接続することが出来る。

qx10_01_03_min

左側にはズームレバーとシャッターボタンがある。
ズームとシャッターは接続中のスマートフォンから操作することも可能であるが、QX10本体でも操作が可能となっている。

qx10_01_04_min

右側にある表示パネルには、バッテリ残量等の情報が表示されるため、簡単にバッテリ残量が確認できる。

qx10_01_05_min

下部には三脚用の穴があり、三脚に固定しての使用が可能だ。

qx10_01_06_min

アダプタは爪が90度開閉することが出来るようになっており、スマートフォンのサイズに合わせて片方の爪を広げることが出来る。

qx10_01_07_min

当然のことだが、爪の部分はスマートフォンを傷つけないように素材には気を付けているようだ。

qx10_01_08_min

実際にXperia Z1 SOL23に取り付けてみた。

qx10_01_10_min

パッと見、コンデジかと思ってしまうほど、カメラレンズの存在感が大きい。

ちなみに専用のキャリングケースに収納するとこのような感じである。

qx10_01_11_min

簡単ではあるが、以上がQX10の開封レビューである。
機会があれば、実際の使用感をレビューしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>